1. エリアトップページ
  2. 入学をお考えの方
  3. よくあるご質問

よくあるご質問

お問い合わせの際に、質問の頻度が高いものをまとめました。ご不明な点がございましたら、 事務局または開進館各校までお問い合わせください。

申し込みに関して

Q入学後に講座を変更することはできますか?

可能です。その場合には、講座変更届を提出いただいております。 入学後の諸手続きにつきましては、「開進館ハンドブック」でご確認いただけます。

Q講座の追加申し込みはどのようにすればよいですか?

講座変更届を提出いただくと翌月より変更ができます。 詳しくは、入学後にお渡しする「開進館ハンドブック」でご確認ください。

学費に関して

Q授業回数が月ごとに異なることがあるようですが、学費は変わりますか?

どの曜日も、年間(8月を除く11か月)の授業回数は36回(2017年度)です。 それを各月に振り分けていますので、授業回数が4回の月と、3回の月があります。 毎月の学費は、年間の授業料を11回に分けた月割学費として徴収しますので、月ごとの変動はありません。

入学してから

Q警報発令時、授業はありますか?

暴風警報発令時(通学校舎の所在する地域)のみ休講となります。その他の警報については、原則通常通り授業を行います。 暴風警報発令時は以下のルールとなっております。

  1. 授業開始2時間前現在、通学教室の所在する地域に「暴風警報」が発令されている場合は、授業は休講になります。
  2. 授業途中より警報が発令された場合は、教室で適宜判断いたします。危険であると判断した場合には、お迎えをお願いすることもございます。
くわしくはこちらの休講情報のページをご覧ください。 休講情報
Q携帯電話を持たせてもかまわないでしょうか?

ご家庭との連絡用に必要な場合は持たせていただいてもかまいません。
当校では、急を要する場合を除き、電話の貸し出しを行っておりません。
連絡用に必要な場合はお持ちいただくことを認めております。
ただし、校舎内では、電源をお切りいただきます。ご家庭から緊急の連絡がある場合には、当校までお電話ください。

Q授業日以外で、 通塾することはありますか?

サポートデー、校内テスト、各種イベント、フォローアップなどでお越しいただくことがあります。その際には、月間予定表等の配布物やアシストコールなどでお伝えし、参加の確認をします。

Q開進館での様子を知ることはできますか?

アシストコールアシストメールなどでお伝えするほか、個人面談を実施しますのでぜひご利用ください。個人面談は期間を設けて実施いたしますが、期間外でも希望される場合は行います。 また、いつでも授業の様子をご覧いただくことができます。

Q子どもの塾での成績を 知ることはできますか?

毎回の授業で実施される小テストの点数は、開進館専用MYページでご確認いただけます。 また保護者の方へのメール配信も行っています。 さらに開進館で行った模試・定期テストの成績表データも同じく、MYページ上でご確認いただくことができます。

Q帰宅時刻が遅くなることはありますか?

ありません。授業の開始時刻・終了時刻は厳守を徹底しています。

講座や講習に関して

Q開進館の授業についていけますか?途中入学は心配ですが大丈夫ですか?

開進館に入学するお子さまが、成績に関して最初から課題がないということはほとんどありません。多くのご入学いただいた生徒が学習へのモチベーションを上げ、確実にステップアップして成績を伸ばすことで、第一志望校に合格しています。職員も生徒指導に全力であたり、フォロー・サポートの機会やWEB 動画の閲覧環境を整えています。ご入学は、新年度や新学期のスタート時期がもっともスムーズに始めていただけますが、途中入学でもカリキュラム上必要な場合、要点をまとめた内容の「追いつきサポート」を無料で授業時間外に実施いたします。

Q低学年(小1~小3)のうちから高校受験に向けての勉強を始めることは早いのではないですか?

子どもの脳は9歳までに大きく発達し、一生のうちでもっとも多くのことを吸収できると言われています。小学校低学年の間に、想像力や思考力、また学力の基盤を習得することで、受験のためだけではなく、将来生きていくうえで、とても大切で必要となってくる「考える力」を養成することができます。また、早いうちに学習習慣を身につけることは、より深くものごとを理解するうえでも役立ちます。開進館では「玉井式国語的算数教室」を導入することで、子どもたちに「わかる喜び」「学ぶ楽しさ」「やればできるという自信」を体感してもらい、子どもたちの力をわれわれ職員全員が信じ、将来に向けた生きるための大きな力をつけていくことを目指しています。

Q個別指導は受けられますか?

アップ教育企画の小・中・高対象個別受験指導「個別館」で個別指導を受けていただくことができます。開進館に併設している個別館、もしくは近隣の個別館において受講が可能で、開進館と併用されるお子さまもいらっしゃいます。

Qクラブ活動や習い事との両立は可能ですか?宿題量は多いですか?

開進館に通う生徒の多くが部活動に入っています。授業開始時刻は部活を終えてから通塾できる時間に設定し、週3日(中3生は週4日)で5教科指導が可能な形態を実現しています。授業内容の定着を図るために宿題は必ず出ますが、習い事や部活動などと両立できる適度な量です。また、開進館では授業内に導入説明と演習に取り組む時間を十分に確保し、その後プラスワンタイムを設け、個々の生徒へのフォローにも注力できる講座設定になっており、宿題にかかる負担も軽減できる仕組みとなっています。

Q自習室はどのように利用できますか?質問はできますか?

在籍生は原則、開館時間中はいつでもご利用いただけます。ただし座席には限りがあり、テスト前などは混み合うこともありますので、事前に校舎までご確認いただくことをおすすめします。講師やチューターが配置されている時間帯には質問も可能です。質問したいことがあらかじめ決まっている場合は、担当職員にご連絡いただければ、確実に質問対応が可能な日時をお伝えすることができます。

Q英語の授業は、途中からでも受講できますか?

年度の最初(3月)から受講することがベストですが、夏休みまでの受講開始であれば英語が初めての方でも受講いただけます。英語の経験がある方であれば随時受講可能です。
授業で使用した映像教材を過去にさかのぼって自宅で視聴いただくことができますので、担当講師の指示に従って視聴をお願いします。校舎で視聴することも可能です。

Q入学を考えていますが、算数で少し習っていないところがあっても大丈夫ですか?

ウイークエンドサポート(講師がいる自習室)や、授業前の時間を利用してフォローいたします。 また、算数については、WEBで視聴できる単元別ライブラリーでも学習することが可能です。

Q文章を書くのが苦手なのですが、 国語講座で克服できますか?

小5・6の国語講座では、授業内で表現方法の指導をするほか、月に1回作文添削指導を行います。専門スタッフによる添削指導と、書き直したものをチェックする2段回の指導により、着実に力がつきます。

Q夏期講習や冬期講習は、必ず全て出席する必要がありますか?

講習の授業は、平常授業の一環として行いますので、原則ご参加ください。
やむを得ず欠席する日がある場合は、サポートデーを活用してフォローを行います。
また、欠席が長期に渡る場合は、講習の休会が可能です。

Qクラブ活動で校内テストを受験することができない場合、代替受験はできますか?

よりスピーディにテスト結果を返却するため、校内テスト実施後すぐに処理を行うので、実施日以外の受験はできません。

Q定期テスト前や期間中への対応はありませんか?

定期テストのおよそ2週間前から、授業時間内で対策授業を実施しています。また、授業時間以外でも、各校舎で定期テスト対策特訓を企画したり、テスト強化月間(定期テスト対策ゾーン)は授業日設定のないフリーデーを活用して「対策授業」を実施したりする日を、年間で複数日設けていますので、ご安心ください。
※定期テスト対策授業を行うフリーデーは、お配りしている「年間スケジュール」にてご確認ください。

教育情報に関して

Q高校入試や大学入試のことなどを教えてもらうことはできますか?
  • 【小学生 生徒・保護者対象】
    高校入試情報を小学生保護者対象のセミナーでもお伝えします。早期に高校入試のしくみや、高校の特色、レベルを知っていただくことができます。また、小学生の間に学習する内容がどのように高校入試に役立つのかも説明します。

  • 【中学生 生徒・保護者対象】
    開進館では、保護者や生徒を対象に、対象の高校から先生をお招きしてご講演いただく「高校教諭講演会&セミナー」や、開進館OB・OGによる「OB・OGセミナー」など様々な教育セミナーやイベントを企画しています。 また大学入試情報に関するセミナーも開催しています。

毎年好評をいただいている教育セミナーなどは、恐れ入りますが先着順とさせていただいておりますので、開催につきましては、随時開進館トップページなどから告知させていただきます。お早めにお申込みください。

教室ライブ授業・双方向オンライン授業・WEB講座もおまかせ!
小中対象 高校受験指導 開進館

小中対象 高校受験指導 開進館

フリーダイヤル0120-722-149

(受付時間 11:00 ~19:00 日曜除く)