サポート体制

生徒それぞれの学力に合わせた
きめ細かいバックアップ体制の数々

生徒たちの目標達成をサポートする役割として、学習の遅れへのフォロー対策やより高度な個別指導を開進館では実施しています。

学びをフォローする4つの制度

1 チューターが細かく徹底的にフォロー

学校成績向上をサポートする『チューター』が、授業内容で理解が浅い部分の補完はもちろん、十分に理解できている人へのより高度な学習内容も個別に指導します。具体的には、既習内容で解くことができるセンター入試の問題を解くなど、より高度な内容を指導したりします。チューターの利用に際しては、各校舎の担当講師と日時を決めて頂きます。

2 個々の状況に合わせてウィークエンドサポート

土曜日午後に実施する「ウィークエンドサポート」では、通常授業の補完も行いますが、一人一人の学習状況に合わせて発展的な学習内容を個別に指導することも可能です。また、入試合格に向けて過去問で解けなかった問題の質問も可能です。もちろん新入学生の人が、既に学習を終えた単元を補完するために利用することも可能です。

3 学べる場所を提供する自習室

開進館の各校舎には、放課後などに自由に利用できる「自習室」あるいは「自習開放教室」を用意しています。自宅では集中して勉強できない人、わからない問題がある時はすぐに質問したい人などを中心に多くの人が利用しています。学校の宿題や定期考査・入試に向けた勉強など様々な目的で利用して下さい。また、夏休みなどの長期休暇の際に学校の宿題をして頂くことも可能です。利用に際しては、入室・退室時間を記入する用紙を用意し、安全確認を行っていますので安心してご利用頂けます。

4 面談で双方向から生徒をサポート

子どもたちにそれぞれ個性があるように、当然学習面における目標や課題も個々に違ってくるものです。開進館では定期的に個人面談を行いますので、勉強面や進路に関しての相談をしていただけます。また、こちらでの様子をお伝えする機会でもありますので、気になることがある場合には、面談期間以外でもお申し込みいただけます。