よくあるご質問

お問い合わせをいただいた際に、質問いただく頻度の高いものをまとめました。
お読みいただいた上で、不明な点がありましたら事務局または、当校までお問い合わせください。

入学後に講座を変更することはできますか?

可能です。その場合には、講座変更届を提出いただいております。
入学後の諸手続きにつきましては、「開進館ハンドブック」でご確認いただけます。

講座の追加申し込みはどのようにすればよいですか?

講座変更届を提出いただくと翌月より変更ができます。
詳しくは、入学後にお渡しする「開進館ハンドブック」でご確認ください。

警報発令時、授業はありますか?

暴風警報発令時(通学校舎の所在する地域)のみ休講となります。その他の警報については、原則通常通り授業を行います。
暴風警報発令時は以下のルールとなっております。

  • 授業開始時刻の2時間前に暴風警報が発令されている場合、休講
  • 授業中に警報が発令された場合、危険性が低いと判断した場合には、お帰りいただきます。危険であると判断した場合には、お迎えをお願いすることもございます。

※警報による休講は代替を行いません。サポートデーやウイークエンドサポート時にフォローいたします。

携帯電話を持たせてもかまわないでしょうか?

ご家庭との連絡用に必要な場合は持たせていただいてもかまいません。
当校では、急を要する場合を除き、電話の貸し出しを行っておりません。連絡用に必要な場合はお持ちいただくことを認めております。ただし、校舎内では、電源をお切りいただきます。ご家庭から緊急の連絡がある場合には、当校までお電話ください。

入試などのことを教えてもらうことはできますか?

高校入試情報を、小学生保護者対象のセミナーでもお伝えします。早期に高校入試のしくみや、高校の特色、レベルを知っていただくことができます。また、小学生の間に学習する内容がどのように高校入試に役立つのかも説明します。

授業日以外で、通塾することはありますか?

サポートデー、校内テスト、各種イベント、フォローアップなどでお越しいただくことがあります。その際には、月間予定表等の配付物やアシストコールなどでお伝えし、参加の確認をします。

開進館での様子を知ることはできますか?

アシストコールやアシストメールなどでお伝えするほか、個人面談を実施しますのでぜひご利用ください。
個人面談は期間を設けて実施いたしますが、期間外でも希望される場合は行います。
また、いつでも授業の様子をご覧いただくことができます。

授業回数が月ごとに異なることがあるようですが、学費は変わりますか?

どの曜日も、年間(8月を除く11か月)の授業回数は38回です。
それを各月に振り分けていますので、授業回数が4回の月と、3回の月があります。
毎月の学費は、年間の授業料を11回に分けた月割学費として徴収しますので、月ごとの変動はありません。

入学を考えていますが、算数で少し習っていないところがあっても大丈夫ですか?

ウイークエンドサポート(講師がいる自習室)や、授業前の時間を利用してフォローいたします。
また、算数については、WEBで視聴できる単元別ライブラリーでも学習することが可能です。

文章を書くのが苦手なのですが、国語講座で克服できますか?

国語講座では、授業内で表現方法の指導をするほか、月に1回作文添削指導を行います。
専門スタッフによる添削指導と、書き直したものをチェックする2度作文により、着実に力がつきます。

帰宅時刻が遅くなることはありますか?

ありません。授業の開始時刻・終了時刻は厳守を徹底しています。

教室の座席は自由に選ぶことができますか?

座席は指定となっています。授業前の座席表で席を確認してご着席いただきます。
視力等の関係で前方の席を希望される場合はお申し出ください。

夏期講習や冬期講習は、必ず参加する必要がありますか?

講習の授業は、平常授業の一環として行いますので、原則ご参加ください。
やむを得ず欠席する日がある場合は、サポートデーを活用してフォローを行います。
また、欠席が長期に渡る場合は、講習の休会が可能です。

部活動で校内テストを受験することができない場合、代替受験はできますか?

よりスピーディに処理を行うため、校内テスト実施後すぐに処理を行うため、実施日以外の受験はできません。